ニキビの症状 | ニキビ跡化粧品と化粧水

人気のニキビ跡化粧品TOP6のランキングはこちら

ニキビの症状

思春期ニキビ

あなたは、思春期ニキビという物を知っていますか?
思春期ニキビと大人ニキビは、全く違うものです。

思春期ニキビは、主に思春期(中学生~高校生)に出来るニキビです。
このニキビの原因は、皮脂が過剰に分泌される事です。

思春期は特に皮脂の分泌が盛んなのでニキビが出来やすくなっています。
それは、思春期になると多くの人がなる事なので、自然な事です。

思春期ニキビの症状は、主に顔のニキビができてしまう事です。
顔意外にはあまりにきびが出来ないのも思春期ニキビの特徴の一つです。

そして、思春期ニキビが出来る場所は大体きまっています。

一番多いのは、おでこです。
おでこに思春期ニキビが多く出来る理由は前髪があるからです。

前髪があると、そこは清潔とは程遠くなってしまっています。
ニキビは、清潔ではない所と、皮脂が多いところに出来ます。

おでこは、前髪があると清潔ではないし、皮脂もとても多く分泌される場所です。
なので、思春期ニキビがとても出来やすい環境だといえます。

また、頬にも思春期ニキビは多く出来てしまいます。
頬は、顔の横の髪の毛が当たってしまう場所ですよね。

髪の毛があたる所は、基本的には清潔ではないとかんがえましょう。
そして、思春期は皮脂の分泌が盛んなので、頬にもニキビが出来てしまうのです。

また、頬は顔の肌の中でも皮脂の分泌が特に盛んな所です。
なので、思春期ニキビができるための条件を満たしているのです。

思春期ニキビは、大きなニキビが何個か出来るような可愛いものではないのです。

たくさんの小さいニキビから大きいニキビまでが顔中にできてしまい、
とてもストレスになってしまいます。

そして、そのニキビがストレスになってしまい、
更にニキビが出来てしまうという悪循環になってしまいます。

大人ニキビ

あなたは、大人ニキビという種類のニキビを知っていますか?
大人ニキビとは、20~30代の大人にできるニキビのことです。

この大人ニキビは、主に乾燥、ストレスから出来るニキビです。

そして、この大人ニキビというのは、思春期ニキビや普通のニキビより
治りにくくとても厄介なニキビです。

この大人ニキビの症状は、白ニキビ、黒にキビ 赤ニキビ、黄ニキビの順に酷くなります。
この一つ一つについてお話していきたいと思います。

まず、白ニキビとは、大人ニキビの初期の段階です。
これは、ニキビになった人が殆ど経験しているのではないでしょうか。

白くポチっと肌の表面に出ているものです。
この状態のときにニキビをきちんと治せばニキビ跡にはならずに済みます。

このとき、絶対に白ニキビを潰さないでください。
潰してしまうと、ニキビ跡になってしまう確率が高くなります。

次は黒にキビです。

黒にキビは、毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化することで起きます。
そして、白ニキビよろも、もう少し盛り上がっています。

黒く色が付いてしまっていて、とても気になり
ストレスになりやすい大人ニキビです。

次のニキビは、赤ニキビです。

赤ニキビは、黒にキビが酷くなって炎症を起こし、
赤くなってしまった大人ニキビのことを指します。

このニキビになると、ニキビ跡になる確率がとても高くなってしまいます。
きちんとニキビケアをすれば治ることが多いです。

最後は黄ニキビです。
この黄ニキビは、赤ニキビが更に酷くなったニキビです。

黄ニキビは、ニキビが酷くなってしまい、化膿している状態です。
この黄ニキビになってしまうと、ニキビ跡になってしまうでしょう。

皮膚の色が変わったり、酷い時にはクレーターのように凹凸になってしまいます。

首ニキビ

あなたは、首ニキビという種類のニキビを知っているでしょうか。
首にキビというのは、名前の通り首にできてしまうニキビの事です。

この、首ニキビは、思春期の時は出来にくく、大人になってからできるので
大人ニキビの中の一つと言われています。

この首ニキビの原因は、ホルモンバランスの崩れが大きな割合を占めていて
ホルモンバラスを崩さなければ出来にくいものです。

ですが、女性の場合は特にホルモンバランスを崩しやすく、
特に生理の前や排卵の前なんかに注意が必要です。

その他の首ニキビの原因として多いものが、「汗やホコリ」です。

汗に関しては、外に出た後にかく汗や運動後の汗が原因になるケースが多いので
外に出るとき、運動する時は汗を拭くものをもっていきましょう。

また、意外に気をつけなければいけないのが、寝汗です。

寝汗は、そんなに汗をかいていないと思われがちなのですが
じつは、とてもたくさんの汗がでています。

なので、朝起きてすぐにウェットティッシュで拭くなどの工夫をして
首にニキビが出来ないように気をつけることが大切です。

ホコリに関しては、何処にいてもきをつけなければいけません。
外出先にも、家の中にもホコリはたくさんあります。

特に髪の毛にホコリや汚れが付いてしまう事が多いので
家に中にいる時は髪の毛が首に付かないようにまとめると良いです。

そして、シャンプーやリンスの洗い流しも首ニキビの大敵なので、
きちんと綺麗に洗い流した方が良いでしょう。

リンスは、中々落ちないので出来る事ならば
髪を終わらせてから体を洗ってほしいですね。

また、顔には日焼け止めを塗るけれど
首には日焼け止めを塗らないという人が多いと思います。

それでは、首に紫外線が当たりすぎてしまうので
首までしっかりと日焼け止めを塗っておきましょう。

あごニキビ

あなたは、顎ニキビというニキビを知っているでしょうか?
顎ニキビとは、名前の通り顎に出来てしまったニキビの事です。

この顎ニキビは、大人ニキビの中で大半を占めているにきびです。
顎やフェイスラインによくできます。

また、顎ニキビの原因はホルモンバランスの崩れやストレスから
成る場合が多く、女性なら生理前に酷くなる事が多いです。

そして、この顎ニキビは、悪化してしまう場合が多かったり
同じ場所に繰り返して出来てしまう特徴があります。

そんな顎ニキビは、白ニキビのうちに対処出来れば全く問題なく
比較的すぐに直ってくれます。

ですが、それを超えて赤ニキビなどになってしまうと
他の所と比べて、ニキビ跡になってしまう確率が多くなります。

ニキビ跡とはいっても、クレーターのような凹凸のものではなく、
黒ずんでしまったりといった物です。

クレーターのような凹凸にならないだけマシですが、
このニキビ跡もなかなか消えません

そうならないうちに、きちんと治しておくと良いでしょう。

また、肌のターンオーバーがきちんと出来ていない場合も
顎ニキビになってしまうことが多いです。

ターンオーバーが出来ていないときのニキビは、
中くらいのニキビがポコッとできてしまいます。

そんなときは、ターンオーバーを助ける為に、
スクラブやジェルなどでケアしていきましょう。

そして、洗顔をしてきちんと洗い流せていない場合でも
顎ニキビができてしまいます。

顎は、洗顔できちんと流せていない場合が意外と多いので注意しましょう。
ちゃんと流せるように心がけるだけで変わりますよ。

顎ニキビは、ニキビの芯が出やすいものが多いです。
出やすいと、つい潰してしまいがちなのですが、それはいけません。

顎ニキビもですが、ニキビは基本的に潰してはいけないものだと思ってください。
もし潰してしまった場合は、消毒をして清潔にしておきましょう。

鼻ニキビ

あなたは、鼻にキビの症状を知っていますか?
鼻は顔の中心にあるので、ニキビが目立ってとても嫌ですよね。

そんな鼻に出来る鼻にキビの症状を知って
鼻ニキビ対策をきちんとしておきましょう。

まず鼻ニキビの原因はなんでしょうか。
鼻ニキビの原因は、皮脂がたくさん出てしまっているためです。

鼻は、他のところよりも皮脂の出る量が多いとされています。

なので普通にしていても時間がたつと他の部分よりも
テカってしまっている場合が多くはありませんか?

そんな時に、ティッシュでおさえて皮脂を適度に吸い取ってあげる事で
鼻にキビはある程度防げるでしょう。

脂取り紙を使う人もたくさんいますが、あれはオススメできません
なぜなら、皮脂を取りすぎてしまい更にニキビが出来やすくなってしまうからです。

ティッシュが丁度良く皮脂を吸い取ってくれるので、
脂取り紙を買う事はしないようにしましょう。

鼻ニキビは黒ニキビになりやすいという特徴があります。
その理由は、皮脂が多く酸化してしまいやすいからです。

この鼻にキビは、皮脂の量を正常にする事に力を入れると
ニキビを治す事ができるでしょう。

鼻にキビというと、「鼻」に出来たニキビだけと思っている人がいますが、
鼻の下にできているニキビも鼻にキビといいます。

ま、鼻の横に出来たニキビも鼻にキビというので、
鼻と鼻の周りに出来たニキビ全てのことを指します。

また、鼻の中にニキビができてしまう、なんて事もあります。
その場合、鼻の中が痛くなってしまうことがあります。

鼻の中にできてしまった鼻にキビは、
とても治療がしにくいものです。

鼻の中に出来てしまったニキビは、治療がしにくいので
治るのをおとなしく待っているのが一番良いといえます。

顔の中で一番高い部分なので、日焼け止めなどを塗って
紫外線対策をすることも大切です。

胸・背中ニキビ

あなたは、胸ニキビや背中ニキビという物を知っていますか?
ニキビは顔にできる物と思い込んでいる人もいますが、それは違います。

ニキビは、胸や背中にも出来、そのニキビはとても酷くなりやすいです。
胸ニキビ、背中ニキビが酷くなりやすい原因に「産毛の太さ」という物があります。

胸や背中の産毛は、顔の産毛よりも太く、毛穴をふさいでしまいやすいとされています。
なので、一度ニキビができてしまうと治りにくく酷くなりやすいです。

また、胸ニキビは手が届きやすいので、背中ニキビと比べれば
ニキビケアがしやすいので早く治ります。

ですが、背中は自分では見えなかったり手が届かなかったりで
ニキビケアがとてもしにくく、ニキビが知らない間に酷くなっていたりすることもしばしばあります。

また、目で見えない分、手で触って確かめてしまったり・・・
なんていう事も多いのですが、それはしない方が良いです。

手で触ると、手の汚れが背中についてしまい、
それが刺激になってニキビが酷くなってしまう事があります。

確かめたい時は、少し面倒ですが鏡を二枚使うなど
少し工夫をして見ることにしましょう。

そして、胸ニキビはあまりたくさんのニキビが出来る事はないので安心ですが
背中ニキビは近い場所にたくさんのニキビができてしまう事があります。

そのたくさん出来た背中ニキビは、皆さんが思っているよりも
とても重症でニキビ跡になってしまう事が多いです。

ニキビ跡も、シミのようになるもの、クレーターのような凹凸になるもの
それに、盛り上がってしまってケロイドのようになってしまうものまで様々です。

ここまで酷くなってしまったら、綺麗に治すことは難しいでしょう。
そうならないためにも、早いうちから胸、背中ニキビケアをしましょう。